バリアフリー住宅を建てる

集合住宅は監視カメラなどセキュリティ面を強化していたりして、エレベーターがある時は高齢者の人も移動もスムーズにできます。部屋数などにより一戸建て住宅より掃除、メンテナンスしやすくて、日ごろの手入れなどの手間が省けます。高齢者がいる家庭はこれからの生活を考えて、注文住宅で家を建てる時にバリアフリー住宅を検討する人が多いです。これを建てる時のポイントは家の場所、つくりにより異なって、すでに介護必要な家庭がいれば、その方に合ったバリアフリー設備必要です。また、バリアフリー設備導入するとき、すべてを同じ構造に当てはめるのではなく、家の場所ごと使いやすい工夫をしましょう。風呂場は滑り安く、高齢者にとって怪我しやすい場所です。まず足元の安全を考えて出入り口の段差なくして床材滑りづらい材質用いて転倒防止に務めてください。寝たきりの状況の人がいる時はコストかかりますが、浴槽に電動シートが昇降するリフトをとりいれてみて下さい。そして1日になども利用するトイレは利用しやすさが大事です。高齢者が主にすごす居間の近くに設置して、車いす等含む2名が同時に入っても問題ない十分な広さ確保してください。そしてトイレの出入り口は扉タイプでなく引き戸タイプならあけやすくて、出入り口の段差なくなって、足元の危険を軽減できたりします。また、廊下の広さも変更するのは費用負担が大きいです。車いすがまっすぐ通過する時必要な幅は手動車いすは規格で決められていて、廊下幅は国の指定する80センチ以上になります。また階段手すり設置して階段表面にすべりにくい仕上げ施して段差識別しやすいよう色の差などを目印つけるなどで上り下りしやすい環境を整えて下さい。周り階段は上りづらく感じてしまって、なるべく直線の階段にしてスキップフロアなど用い階段の長さを短く抑えたり、工夫をして見てください。そして、木造や家具や人生は大事で間取りや玄関も依頼して、平屋は階段がなくて移動しやすくて、バリアフリー住宅に向きます。行き止まりない動線基本に、不要な段差なくしていくのが大事です。そして、リビングに和室設置して小上がり場所をつくって見れば、すぐ腰かけられる休憩スペースになります。また、2階建て住宅に比べて平屋はワンフロアであり、2世帯住宅にする時個人スペースが分けづらいと思わりします。玄関を家の中心としてもうけ左を親世帯、右を子世帯に区切ってみれば生活空間に分けられます。