家具を住宅ローンに組み込む

新築に合わせて家具など揃える時は、住宅ローン費用に組みたいものですが、基本的に住宅ローンは家具など組み込めません。住宅ローンは本来家建てる時に必要な費用を払うことを条件に融資を受けられるものであり、住宅ローン融資額も建築予算書などから決められて、家建てることと直接かかわらない家具など費用は住宅ローン対象外になります。一般的に家具は住宅ローン対象外ですが、住宅に直接取り付ける組み込み型家具は住宅の一部としてみなされて住宅ローン対象になることがあります。そして、住宅ローン金額は施工会社が住宅を建てるため必要なものを計算して、見積りを出して、その額を元に決定されます。このとき組み込み型家具が住宅の一部とみなされるよう家づくりをすると意図的に組み込むこと自体ができます。ですが、組み込み型家具の時は施工会社に通じ購入のケースが一般的で、家具量販店から直接買うより割高になるケースがあります。修理費うような時も通常の家具に問合せではなくて施工会社指定の修理会社へ問い合わせが必要で手間がかかります。組み込み型で家具をそろえるより、個人で家電を買ったほうが費用を安く抑えられることもあって無理に組み込み式検討する必要はありません。そして、家具の費用を住宅ローン対象にするには家づくりにおいて組み込み型家具を採用するのが条件ですが、家具票をローンに組みこむ時、複数の注意点があります。住宅ローン申し込みして、金融機関の審査を受けて、契約に進み、多額の融資をするための契約で、審査は慎重にされて契約内容も厳しいチェックに入ります。審査中は不透明なもの、説明できないのがあれば、金融機関から指摘はいったりして解決されない限りローン契約成立しないです。契約内容に家具費用が不当に組み込まれている状況で、金融機関から指摘受ければ、内容を見直す必要があります。利用者の信頼性に疑問持たれれば、ローン利用自体出来なくなるケースがあります。そして、住宅ローンに家電費用組みたいからと、住宅組み込み型家具を多くとりいれれば、その分住宅ローンの総額増えていきます。借入総額大きくなるにつれて月々返済額も増えて支払い法によりローン返済期間長いことも考えられます。そして、今後返済計画立てて、借入総額限度きめて組み込み型家具とり入れるか検討してみてください。